実はLCCよりANAは安い?ANA航空券が最もベストな航空券

ANAの国内線の格安航空券を手に入れるには?

img_0767_s

ANAの国内線の格安航空券を手に入れる方法ですが、ANAはフルサービスキャリアですからそもそも格安航空券などはないのではと思っている人がいるのではないでしょうか。

決してそんなことはありません。搭乗日よりも前に予約、発券することで、いわゆる格安航空会社並みの値段で航空券を手に入れることも十分可能なのです。

同程度の運賃なのであれば、サービス内容に格段の差があるLCCよりはフルサービスキャリアに乗りたいと思う人が多いでしょう。

とくに、LCCの航空券は本当に必要最小限のものしか含まれておらず、荷物を預けたり、場合によっては単に予約や発券するだけでも別途手数料がかかり、全てを合わせると思った以上に高くついたというようなことも多いです。

その点、フルサービスキャリアならばそういうことは起こりません。

さて、では実際に格安の航空券を手に入れる方法ですが、旅割という割引運賃があります。

搭乗日よりも前に予約、発券することが必要なのですが、段階的な運賃設定になっていて、より前に発券すればするほどより安い値段で航空券を手に入れることができます。

その期日は、搭乗の75日前、55日前、45日前、28日前、21日前となっています。75日前までに発券しないといけない旅割が最も安く、21日前までに発券すればよい旅割がこの中では最も高くなっています。

実際にどれくらい安いのかですが、これは実は便によっても日によっても異なります。

さらに、空席を予測して運賃設定をしていますので、運賃そのものが日々変動するということにもなっています。

そのため、どの路線であればいくらになるとは明確には言えないのですが、旅割75であれば普通運賃の8割引きなどになることもあります。

注意点としては、基本的に予約の変更はできないことです。それ以外の点、例えば機内持ち込み手荷物の量であるとか、チェックインカウンターで預ける手荷物の量などの制限は普通運賃と全く変わりません。

機内サービスも基本的に同じです。

予約の変更はできませんので、もし予約していた便に乗れない場合は払い戻すことになります。

その場合は、搭乗日の何日前にキャンセルしたかによってかかってくる手数料が異なります。

だいたい半額程度の手数料を取られると思っておけば間違いないでしょう。

ただし、あくまでもその飛行機の出発前までに払い戻した場合に限ります。出発以降は100%差し引かれてしまいます。

このように知っている様でしらないANAの航空券は他の格安航空券と比べても遜色がないチケットになります。ANAの航空券はスカイチケットが安いので費用を抑えて旅行先でその浮いた分の費用を楽しい観光に使うというのが良い方法かもしれません。

ANAの国内格安航空券なら旅割を利用する

ANAの国内線格安航空券なら、旅割を利用するのがよいでしょう。これは、事前に航空券を購入することを条件に普通運賃よりもお得な運賃になるもので、旅割75、旅割55、旅割45、旅割28、旅割21の5種類の割引運賃が用意されています。ちなみに国内線だけで、国際線にはこのような割引はありません。例えば旅割75であれば、75日前までに購入することが条件となっています。割引率はもちろんできるだけ早い時点で購入するほうが高く、旅割75が最も高くなります。

実際の割引率は路線や時期により異なりますが、最大では80%以上もの割引になることがあります。例えば東京から札幌や沖縄といった路線でも、最も安い場合は1万円程度になります。十分に格安航空券と言えるでしょう。
注意点ですが、まず利用できる座席数には便ごとに限りがあります。そのため、普通運賃やその他の割引運賃では空席がある場合でも、旅割では満席で予約が取れないということは起こり得ます。また、予約から2日以内かつ旅割75であれば75日前までに航空券を購入する必要があります。期限までに購入しない場合は、予約は自動的に取り消されてしまいます。

割引運賃ではほとんどが当てはまることではありますが、購入した航空券の変更はできません。搭乗者の変更、搭乗する便の変更ともにできないのです。一旦払い戻したうえで再度予約を取り直す必要があります。なお、割引運賃の種類によっては、出発当日に空港にて同一区間の先行便に空席がある場合は先行便に変更することができる場合もありますが、この旅割に関してはそれもできませんから注意が必要です。完全に日程が決まっている場合には問題ありませんが、予定の変更があり得るようなとき、なかなか予定が決まらないようなときは利用しにくい運賃と言えます。

ただし、普通席からプレミアムクラスへの変更に関しては、出発当日に空港にて当該便のプレミアムクラスに空席がある場合に限ってプレミアムクラス料金を別途支払うことで変更可能です。なお、旅割ではプレミアムクラスの事前予約はできません。

予約購入した便に搭乗することができず払戻する際には、所定の取消手数料と払戻手数料がかかります。決して全額が戻ってこないわけではありません。払戻手数料は一律430円です。取消手数料は、取消時期によっても異なりますが、便出発直前でも約60%です。また、55日前までであれば取消手数料はかかりません。

ANAの旅割を利用すればLCC並みの金額に!

ANAの国内線を低料金で利用するとなると、格安航空券が真っ先に頭に浮かぶことが多いでしょう。しかし、意外に航空会社の正規割引き料金もそれと匹敵するくらい、安いこともあるものです。ANAでは、旅割という正規割引プランを用意しています。搭乗券がほぼ確実に入手できますので、最後の砦としても利用できますし、また、最初から旅割利用と割り切ると、時間の節約にもなります。旅割は、場合によっては格安航空券とあまり値段が変わらないこともあり、LCC、即ち格安航空会社と同じくらい安い運賃になることもあります。

格安航空券とは、旅行会社が、航空会社から大量に安くまとめ売りされた座席を、顧客にばら売りしているものです。仕入れ値が安いため、顧客にも低い価格で販売できます。

ただ、航空会社が安くまとめ売りするのは、たいていオフシーズンの座席に限られています。旅行シーズン中の座席を、日頃のご愛顧に感謝して、ということで旅行会社が航空会社から仕入れることができても、旅行会社のツアー用に使ってしまうことが多く、航空券だけをばら売りすることはほとんど期待できません。オフシーズン中であっても、搭乗を希望する日に、必要な区間の航空券が手に入るかどうかは運次第です。チケットショップもそうなります。ちょうど日付と区間の合う航空券が販売されていれば、破格の安さで手に入りますが、在庫があるかどうかは運としか言いようがありません。

搭乗日と区間がはっきりしている場合は、旅割を利用したほうがお得である場合が少なくありません。旅割は、早く予約すればするほど、大きな割引が受けられるという制度です。75日前まで予約できれば、かなりの割引き率となります。旅行シーズン中の座席であっても割引きされますので、早いもの勝ちで押さえることができます。ただし、予約したら変更はできません。キャンセル扱いとなります。キャンセル料は、54日前から航空運賃の30%かかります。搭乗日に近づくにつれてキャンセル料は高くなり、13日前から60%にもなりますので、注意が必要です。

ANAでは随時タイムセールをおこなっていて、たとえ年末年始のような人気のある座席であっても、2か月程度前に予約する場合に限って、かなりの割引きをしています。ただ、どの路線でもおこなっているわけではありません。ホームページで随時公開されますので、頻繁に見ておくとよいでしょう。LCC並みの金額で利用できる場合もあります。”

ANAの国内線の航空券を格安でゲットする

ANAの国内線の航空券を格安でゲットするには、時間に余裕があるなら、チケットショップや旅行会社を回って、希望の日付と区間の格安航空券を探すことです。チケットショップの場合は、インターネット上のホームページに情報を載せているところばかりではないため、出向いて探せるものならそうすることです。お得な航空券を見つけやすくなります。希望の日付と区間の航空券が、期限切れ間近となって販売されていたら、破格の値段で入手できます。ただし、見つかるかどうかは運任せです。

搭乗日が迫っているほど割引き率は高くなりますが、もし見つからなかったら、航空会社から購入することになります。搭乗日の21日前を過ぎたらもう、航空会社の旅割も使えませんし、特割1か特割3だけが頼みとなります。
インターネットでとりあえず一通り探してみて、格安航空券が見つかればそれを入手するというのが一般的でしょう。人気の路線でシーズンオフなら、大抵は見つかるものです。予約をして支払いを済ませれば、OKです。

ただ、旅行会社の格安航空券の場合は、予約変更ができず、マイルもつかないことが多いです。最も注意するべきなのは、子ども料金です。子どもであっても、子ども料金が適用されないことが多いので、購入前には必ず確認しておきましょう。

あまりメジャーではない路線だったり、旅行シーズンだったりすると、旅行会社の割引き航空券が見つからないことがあります。その場合は、なるべく早めに航空会社に予約することです。航空会社は、以前はあまり割引き制度を設けていませんでしたが、現在は違います。ANAは旅割とか特割、というプランを用意しています。旅割は、早く予約すればするほど大幅な値引きをするという制度です。75日前まで予約できれば、相当な割引き率になります。

割引き率は、空席状況によっても変わります。55日前、45日前、28日前、21日前という区切りがありますので、それを念頭に置いて、なるべく早く旅行スケジュールを確定させ、すぐに予約を入れることです。75日前であっても、75日前用の割引き席が既に予約でいっぱいになっていたら、55日前用の席になります。その席の割引き率は、75日前用の席より低いです。このように早い者勝ちなのです。しかし、スケジュールが曖昧なまま、予約だけしておくということもできません。予約の変更ができないからです。乗れない場合は、キャンセル扱いとなります。”

ANAの旅割で格安航空券を予約する際の注意点

ANAの国内線で使える旅割は、格安航空券をゲットできるお得なプランです。以前はどんなに空席の多い便でも、航空会社の販売価格は一律で、ほとんど割引制度というのはありませんでした。しかし、格安航空会社の登場もあって、航空会社でも旅割のようなプランを用意するようになりました。スケジュールを前もって確定させることができさえすれば、かなりの節約ができますので、積極的に活用していきたいものです。
旅割は、75日前まで予約すれば、大きな割引きが受けられるプランです。55日前の設定もありますし、45日前も、28日前、21日前もあります。希望する便の空き状況でも、割引き率は変わります。

また、予約したのが55日前であったからと言って、必ずしも55日前向けの割引き率が適用されるわけではありません。その時点で55日前向けの割引席が予約で埋まっていたら、45日前向けの割引席を利用することになります。当然、割引き率は下がります。そこもいっぱいになっていたら、28日前向けの席、というふうに、どの割引き率が適用されるかは、混み具合によって違ってくるわけです。シーズンオフであっても、大人数のグループなどがどの便に乗るかはわからないことですから、スケジュールが決まったらすぐ予約を入れることが大事です。

スケジュールが確定しないうちに、予約を入れておくというのはやめておいたほうがいいでしょう。旅割は、予約変更ができないからです。予約した便に乗れなくなったら、キャンセル扱いとなります。キャンセル料は、搭乗日の54日前から航空運賃の30%かかります。相当前から、かなりの額がかかってきますので、要注意です。44日前からは40%となります。27日前からは50%です。13日前から出発時刻までは60%にもなります。13日前から一律に航空運賃の60%というのは、利用者にとって相当厳しい条件ですので、予約は慎重におこなうことです。

予約日を入れて2日以内に支払いをしないと、予約はキャンセルされます。支払いをもって、予約確定となります。早めに割引き率の高い席を押さえておきたいのはやまやまですが、54日前という早い段階からキャンセル料がかかってしまうので、悩ましいところです。2か月前からその便に乗る、というのを確約するのは難しい面もありますが、そういう制約あってこその割引き率です。選択肢が増えた、ということですから、利用者にとっては歓迎すべきプランでしょう。